FC2ブログ

はじめに

こんにちは。2年以上ずっと放置しておりましたがこっそり再開してみました。

いまだ旅行記を中心に思い出したように引っ越し中です。唐突に引っ越します。引っ越ししてきた日記は最新日記で表示します。

たまにかわったりしているとおもうのでたまに見にきてください。

日記の日付は適当です。

旅行記はこちらから → 旅路のもくじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬休み旅行-準備/上海編-

2010年年末から2011年年始にかけて、数年ぶりに海外で過ごしてみよう、ということになりました。
ただ旅行先については紆余曲折あり悩みました。旅行いくの決めたの12月だったからね。。
なんとかタイまでのフライトは確保してもらってはいたのですが、そこから先どうしようかと。

まずはタイのリゾート、ベタにプーケットなんてどうだろう!と思いついて調べてみました。
友人オススメの安カワゲストハウス、通常約4000円がオンシーズンにより30,000円。
あほかー!
しかも31日は必ずどの宿もその宿のガラディナーとやらに出席しなくてはならなくてそれが10000円前後。…。

しょうがないのよ、わかってる。ビジネスは需要と供給。欲しい人がそれだけの価値を見出して金銭との交換をするのです。
しかし、私にはこの高騰っぷりはさすがに許容できなかったよ。。
2倍ぐらいは覚悟してたんだけどね。結局どこの宿も5倍6倍あたりまえで、そこそこの宿だとネット評価とかが「Awful!泊まるな!」とか空恐ろしいことに。
タイのリゾート系はプーケット以外も軒並み似たような状況で。
完全に出遅れた、というのもあるんだろうけどね。

えー、じゃあどこよー、と。
ラオスに抜けるとか、カンボジアにいく、とかいろいろ考えているなかでその行く先案は突如現れました。

…ブータンは??

ブータン!
幸福の王国ブータン!!

前国王が提唱した、ブータンに必要なのはGDPなどではなく、Gross National Happiness、GNH(国民総幸福量)だ、と提唱し、事実、国勢調査で9割の国民が自分は幸せ、とか答えちゃったりしているブータン。
チベット仏教を国教として、厳しくも美しい自然のなか、独自文化を持つ、唐辛子の国ブータン。
そしてイケメンの国と名高いブータン!

行ってみたくない訳ないですね。

ただブータンは、とりあえず行ってしまえ、という方法が使えない、若干のハードルがあります。
その最たるものは公定料金。
ブータンを旅行する場合、ブータン政府が決定している公定料金が基本となった、国内での滞在費が一日ごとにかかります。
一泊一名220ドル。1名の場合+40ドル、二名の場合+30ドル。
(オフシーズンである1月、6~7月の場合は35ドル割引。)
個人でビザを取得して入国することはかなり困難であり、旅行者はほぼ必ず旅行会社を経由し、その際にはこの最低限公定料金を支払わなければなりません。あとフライトも手配してもらう必要があります。
陸路の場合もブータン国内の手配を依頼する必要あり。

この料金が年末年始でさらに跳ね上がってんじゃないの?
政府で観光客の数を規制しているから年末なんてもう打ち止めだったりするんじゃないの?
という懸念もあった中、問い合わせ結果はなんとOK。
しかーも、公定料金は本当に公定で年末年始だろうとなんだろうと変わらず。

これは、、、。
いまいけということではないか。いずれ行きたいとおもっていたのだから、今行こうと。

問い合わせした日が出発の前週。行ける、とわかった日の翌日が入金締め切り。ひえー。
ブータンは入国制限のみならず訪問先や訪問経路等の許可証の事前取得の必要があるためスケジュールも事前に決めなければなりません。

ここはもちろん頼りになるのは旅ヲタ仲間。分かりそうな方々に頼ったらちゃんといろいろ情報がいただくことができました。ありがとう。。
もちろんブータン経験のある方々にはほんっといろいろお世話になりました。助かったー。ありがとうー。

怒涛の勢いでスケジュールをきめてリクエストを洗い出して現地旅行会社に依頼、却下されたりアドバイスをいただいたりでなんとか出発前に形にすることができました。
海外送金高いのな!初体験でしたがちょっとめんどくさかったです。クレジットカード決済はできません。

というわけで悩むには悩んだけど、超短期の試行錯誤だったのでこれはこれで得した気分で出発することができました。
ブータンへはタイのバンコクからの手配。バンコク往復は中国東方航空というこれまた初体験のキャリアで上海経由で向かいます。
中国東方航空~?とちょっと思わないでもなかったのですが(偏見)、ビジネスクラスということでちょっと安心して出発しました。

そして乗り継ぎ時間の関係で行きは上海に上陸することにしました。

一ヶ月ぶりの上海!あの時は年末に上海に来るなんて予想もしてませんでした。
だから早々来ないだろうと思って、あの時はエアポートホテルにまで泊まってリニアモーターカーに乗ったのに。ちくしょう☆

shanghai1.jpg
早速タルチョ!
じゃないです。上海の浦東エリアの町並み。

河沿いを散策。さむい。。
そして旅ヲタ仲間の上海日記で超うまそうだった美味しんぼ登場の「雪蛤」が食べられるお店ってこのあたりじゃ?と思いながらそれらしい店をさがしまくる。
マクドナルド近くのデートスポットになっているようなフルーツパーラー、と聞いていたのだが、このあたり小さいマクドナルドスタンドが何個かあって、、。そしてフルーツパーラーという業態を見たことないんだよね、私。
と、半ば諦めた頃、あったー!フルーツパーラーっぽいお店が!
確かにデートスポットっぽいお店でした。

やっとあえたよ、雪蛤。
shanghai14.jpg
ふるふるー。初体験~。

そして散策しつつフェリー乗り場に向かいます。
shanghai2.jpg
途中で見かけたお店。もしかしてアイスバーかな?
shanghai4.jpg
フェリーで河を渡ります。
バンドの風景や夜景を楽しむ遊覧船というのもあるのだけど、今回はほんとに渡るだけのフェリー。
shanghai3.jpg
でも雰囲気あって楽しかったです。おすすめ。

外灘(Bund)側に渡ってお散歩しつつ、メトロにのって向かったのは「鴨王」。
そう、北京ダックのお店です。
shanghai6.jpg
http://www.duck-king.com/index.asp

前回ははからずも上海蟹尽くしとなり、食べようと思っていたあわびやら北京ダックが食べられませんでした。
でも後悔はしていない。上海蟹が絶品過ぎたから。ああ、また食べたくなってきたよ、上海蟹…。
で、今回は上海蟹の季節も過ぎているのでこころおきなく上海蟹以外のものを食べようと。

ガイドブックにも乗っているし、日本語メニューもあるお店で、かなりツーリスティックな店なのかなー、とおもっていたらそうでもなく。
日本語どころか英語もあんまり通じない。お客さんはローカル風なひとたちばかりで、店員は手が空いたらみんなでテレビ見てたりするし。嫌いじゃないです、この雰囲気。

しかしここ、ものすっごくメニューが沢山あっていろんなものに魅かれます。
shanghai5.jpg
このサソリ料理とか、珍味系のものもあるけど、全体的にすごくおいしそう。何回来ても飽きなそうな感じ。
でもとにかく今回は北京ダック。
135元と165元だったかな?(1元約12円)の二種類ある。説明にはオリジナルメニューと選べるメニューと書いてある。さっぱりわからない。
英語のできる店員を呼んで聞いてみても、wellとbestという。そしてbestがいいよ、という。当然高いほうね。

…まあここまできて350円ほど安いものを頑なに選ぶ理由もなかろう、ということで高いほうにした。あとは念願のあわびね。

shanghai7.jpg
きたよきたきた北京ダック!
shanghai8.jpg
あぶらじゅわー。
shanghai10.jpg shanghai9.jpg
皮と肉と、皮のついた肉と。それぞれ別に食べたり組み合わせて食べたり。
包(包む皮ね)も葱も味噌もおかわりしながら食べきりました。
shanghai15.jpg
あわびもなんと艶かしく美しい…。
北京ダックにこのソースをつけたりしてもおいしかったです。

食べきれないだろうからハーフダックのお店にしようか、という話もでて、まあ、食べきれなかったら持ち帰りにしよう、ということでこの店にきたけど、ふっつーにぺろりといけましたよ。ふたりで一羽はいけます。
うまかった!大満足。

shanghai13.jpg
クリスマスが続いているのかな?寒空に綺麗なイルミネーションの中、メトロ駅へ。
メトロとリニアモーターカーを乗り継いで空港へ。

上海からバンコクまでの飛行機は爆睡。しっかり食事逃したよ…。
でも着陸直前に起きたら、なにか持ってきましょうか、とか、フルーツだけでも食べたら?的なかんじであれやこれや持ってきてくれたりして、すごく感じのいいサービスでした。意外。。

バンコクについたのは夜中。そして明日のブータン行きの飛行機は朝の7時。5時ぐらいには空港に着いてないと、と考えると、もう出国しないで空港でいいや、ということで今回はひさびさの空港泊。
最初はベンチで横になっていましたが、リクライニングチェアーがあいたので移動。これがまた快適で移動してからは熟睡でした。

ほんの数時間の睡眠でしたがすっきりめざめて一路ブータンに向かいます。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ahyalog.blog25.fc2.com/tb.php/110-a0f41fc6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。