FC2ブログ

はじめに

こんにちは。2年以上ずっと放置しておりましたがこっそり再開してみました。

いまだ旅行記を中心に思い出したように引っ越し中です。唐突に引っ越します。引っ越ししてきた日記は最新日記で表示します。

たまにかわったりしているとおもうのでたまに見にきてください。

日記の日付は適当です。

旅行記はこちらから → 旅路のもくじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電のよるに。

地震後、いかがお過ごしでしょうか。みなさんが元気であることを本当に祈っています。

まわりの人たちが無事だという良いお知らせも悲しいお知らせも、そして怖いニュースもいろいろ入ってきて気持ちの処理に若干疲弊はありますが私は元気です。

スーパーのモノ不足、すごいですね。購入者にもそれぞれ色々な理由があるのでしょうからひとまとめにどうこう言う気持ちにはならないのですが、さすがにコンビニやスーパーの空の棚たちにはびびります。
そろそろ卵料理が食べたいかな…。

それを見てもそのような食糧不安よりも私は今後の収入不安におびえています。
ミーティングがふっとぶふっとぶ。。
私は営業職であるのですが、今後これはかなり厳しいな、、と感じています。
とはいえ、焦ってもここ数日でできることは限られているのでそれを粛々とすすめるだけですが。

不安を少しでも解消しようかと、物資買占めをしない代わりと言ってはなんですがドルは買い増ししてみました。そして以前から狙っていた株も少し買いました。かなり安くなっててびっくり。。
その企業を応援する意味にもなるかな、と。もちろん日本株。がんばってください。日本のためにも(私のためにも…)。

いつも通りの生活を、と思いつつ、通常以上に頭使ったり消費してるかも。。

地震のあった金曜日、私は青山のオフィスにいました。
徒歩で帰ってきてヒールで足を痛めたり筋肉痛になったりしましたが私も家族も犬も無事でした。

その後、次々はいってくる惨事のニュース。震災の翌日から週末でよかったのか悪かったのか。。

翌土曜日は買い物をしたり外出したりでやっぱり情報収集をしながら過ごしていました。
常に誰かと一緒にいるかそれ以外は寝ていたので、あまり暗くならずにはすんだのだけど気は滅入る。。

日曜日にはこんなときに?と思ったけれどもスペインバル巡り、という陽気な飲み会に参加させていただきました。
…これがよかった。いろんなひととおしゃべりして笑いあうことがこんなに明るくなれるなんてねえ。とても楽しい、素敵な人たちだった、というのもあるけど。スペインの話(行ったことない)やらトンデモ大河ドラマの話など。元気をもらって帰宅。ありがとう。

月曜日は会社は自由出勤形態との連絡。というか、出社しないことを推奨する指示。もちろん出社せず仕事。
…テレビ流しながら。
原発がどんどん悪化の一途をたどるというとんでもないニュースに心乱され、被災状況のレポートとあわせてやっぱりどんどん滅入ってくる。そんなこんなな週の始まり月曜日。

夕方、夕飯どうしよう、、というところで、そういえばホワイトデーだったよね、ということで食事に出かけることに。昨日に引き続きだけど気分を変えよう、ということで探した先は、前から行ってみたかったレストラン。通常なら当日予約なんて難しいだろうな、と思うところだけど、今日なら?とおもってチャレンジするとあっさりOK。やったー。オサレして出かけました。

耽美の館、ロアラブッシュ
http://www.1999group.com/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13002113/
エルテという芸術家の美術作品がたくさん展示してあるアールデコ建築洋館のレストラン。
すいてた。でも他にも何組かはいてガラガラ、という感じではなかったな。
本当は予約でいっぱいだったんですよ、とのこと。そりゃそうだろうね。。

耽美の館、ときいて(ほんとにホームページにそう書いてある)いろんな妄想も生まれましたがもちろんちゃんとした意味の耽美の館でした。ソムリエは若干お耽美系の青年だったけどね。フフ…。

ワインも食事も美味しくて、食後には耽美の館のなかの見学もじっくり解説つきで案内していただいて至福の時でした。

そして帰った時にはなんかスッキリ。ずーっとなにか石みたいなのが喉とおなかにあったのだけどそれがなくなってた。簡単だな、私。。
まさに気分転換。気分が転換されるというのはこういうことをいうのかと。

もちろん心配事がきえたわけでも、苦しんでいる人がいなくなったわけでも、その気持ちをわすれたわけでもないよ。でもずーっと暗いこと考えて下ばかり見ているのも精神衛生上よくない、というのが本当に気付かされました。私が暗くてもよくなることはひとつもない(まあ若干静かになるかもだけど)。

勝手なことを言うと、少なくとも私の感じるいまの周囲の雰囲気は、不安とえも言われぬ哀しみが蠢いていて、滞留しすぎて重く暗い雲が立ち込めているような気分がなんとなくしています。
あとおちまさとも言ってたけど不謹慎という言葉もなんか独り歩きしすぎな気もする(もちろん失礼な物言いや行動を許容するものではないけど)。
みんながみんなかなしいくるしいという淵にたたずんでいるような、そうしなきゃいけないような、そんな感じ。もちろん私も。でもさ、身近で悲しい話はきいてそれは本当に胸が痛いけど、私なんて、全然無事だったし家族も無事だったし、本当に悲しくてつらい人の気持ち、わかる、なんていってしまったらそれは失礼で申し訳ないのではないかと。おこがましいわ、自分、と。

本当に勝手に思ってしまったのだけれども、そういう雲にやられてる人も少なからずいるのかも、もしかしたら気を遣いすぎてそうなっているひともいるのかも、と思いました。

まあ何をぐだぐだ言ってるんだ、という感じですが、理由つけて周囲の雰囲気のせいにもしかけたけど、つまり私自身がそんな感じだったのだなー、と。そしてそれはあまりやりすぎるとよくないな、と思ったの。もし私だけじゃなかったら、その人にも伝えたい。せっかく元気であるのにそんな人が自分でそのパワーを弱くしていくのは本当に無駄だと。
無駄イクナイ。節電節約節エネルギー。

物事いろいろ知ってしまうと瞬発力がなくなるもので、と大黒摩季が言って(歌って)いたけど、恋愛に限らずなのかもしれん。知りすぎてというか、知ろうとしすぎて、考えすぎてなにか動けなくなってないか?と思った。

食事ひとつでいろいろ転換できてしまった私は単純すぎるのかもしれないが。
でもいいよ、外出とか食事。

そうそう、外食だと節電になる?ひとところでまとめて作って、みんなあつまるひとところに電気をつけてみんなで食事をするわけで。
無駄遣いにはならないように、可能な限りは外食も楽しみたいと思います。ほんとに気晴らしになります。晴れるのです。家でごはんたべてばかりだと、米が少なくなって不安になるし。あ、水もか。
できれば誰かと。でもひとりでも店の人が相手してくれたりする可能性高いからそれもいいかも。

土曜日に行ったバルでは食材が悪くなってしまうから、と美味しい野菜のお料理をサービスされました。楽しみながら食材の有効活用にも一役かえました、とか言ってみたりして。せっかくある食材は無駄になってはMOTTAINAIよ。
日曜日のロアラブッシュでもお得なコースを特別に提供してもらったし。ふつーに嬉しかったです。まあ飲み物は通常通り高かったけどね。。(ワインはもちろん、水が2000円だったらしいw)。
どちらもお店の人ともお話しできて楽しかったしためになった。
こういうときだからこそなにかいいことあったり、何かに気づかせてもらったりできるかも。

行き帰りの足だけにはきをつけてください。私は徒歩で帰れるところばかりを狙って外出しています。

まあ地震に関しては少なくとも私の行動範囲ではあのレベルがきても無事でいられる、ということがわかった。特に屋内であればより安心。
問題は帰れなくなることなので、いざというときの徒歩帰宅がある程度現実的なところで生活していれば不安は少ないかな。ま、それもしばらくの話だね。

あとは原発ね。とにかく原発はなんとかなるよう祈っています。祈るしかない。
怒らないし、というか、これまでガンガン電気消費してきた私に怒る筋合もないから、せめて正確な情報を出して欲しいかな、と。データだけでも。解説は多分誰かがしてくれるから。。
ただそれだけ。今対応してくれていて、それに対してあんまり文句は言えないよ。。


なにかやれることは、ときくよりも、やれることをやりましょう、ってどこぞの恋愛マニュアルにも書いてあったな。私の場合はとりあえず元気でいられるようにすることと募金かな。

今週、関西支社の先輩と話していて、中部、大阪はかなり普通に日常がまわっている、と聞きました。上にもうだうだかいたけど、仮に超元気(いろんな意味で)でも空気読みまくって動けなくなってる感もしないでもない関東以北のいわゆる東電圏内の人の分まで、東電管轄外(どういうくくりかたすればいいかわからないが)の方々にはいつも通りもしくはそれ以上に動きまくってもらって日本の経済をがんがんまわしてほしいと思います。

無事で、しかも厳しいなりにも働ける状態にある私は仕事して稼いで経済なりまた募金なりで貢献する。不得意なことを無理してやるような不毛な行動に走るよりも、つまり無駄に落ち込むよりは効率的にやることやる。
まあ落ち込むことは得意技と言えばそうなんだけど、私が落ち込んだところで例えば何か歌えたり描けたりして後の世代に伝わる表現ができるわけでもないのでそれは明らかに無駄なわけです。無駄無駄無駄無駄ァ!

自衛隊のにいさんのようにお年寄り4人かかえてダッシュ(←尊敬した自衛隊エピソード)なんて当たり前だが到底無理で、多分一人も無理な腕力筋力だけど、すくなくともいざというときには人に抱えてもらわなくても一人で逃げられて、こどものひとりふたりの手を引いて大丈夫だといいながら走れるぐらいの余力は常に持っておきたいと思う。


いやにながい徒然になっちゃったけどそんな感じ。
この日記にもあらわれてるけど、それでも浮き沈みのはげしいオチもない自分の雑感でした。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ahyalog.blog25.fc2.com/tb.php/115-28854ff2

コメント

そうだね。わざわざ暗くなる必要ないよね。
これからも、情報に惑わされずに、焦らず、冷静に、直感を大切にしながら、明るくゆこうね~♪
Nobさん
直感を大切に、というのはしっくりきました。気持ちと行動が乖離しているときのストレスははかりしれないです。
理性と感情のバランスを取りながら、できるだけわらっていられるような日々でありたいです。
Nobさんも変わらず癒しビーム発動で。
うん、そうそう♪
心に「どう?」と聞くと、「ぽん」って言葉(?)が返ってくる。
そういう直感というか、素直さが心をほっこりとゆるめて暖かくしてくれるなぁ、と常々感じています♪
ぽん
ぽんと返ってくる言葉がやさしいものでありたいとおもいます。

まずは自分自身をあたためてゆるめていかないとですね。
ほこほこ。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。