FC2ブログ

はじめに

こんにちは。2年以上ずっと放置しておりましたがこっそり再開してみました。

いまだ旅行記を中心に思い出したように引っ越し中です。唐突に引っ越します。引っ越ししてきた日記は最新日記で表示します。

たまにかわったりしているとおもうのでたまに見にきてください。

日記の日付は適当です。

旅行記はこちらから → 旅路のもくじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日

自分用メモ的な地震当日の雑記を残しておこうと思います。

その時、青山のオフィスの19階にいました。

2008年にできたビルなので耐震はしっかりしているのはわかっていたのですが、だからこそ揺れる揺れる。。

二回目の大きな揺れ。縦に突き上げられる感覚がきたので、これはまずいね!といいながらデスクの下に隠れました。初めて本当の地震で「机の下」に隠れました。
床に座るとものすごい揺らめきでこれは本当に尋常じゃない、という気持ちで怖かった。

デスクの下に隠れて本当に怖くて隣の人と手をつなぎたい、とも思ったけれども「恋がうまれてしまうわ!」というとっさの判断で諦めました。代わりにデスクの脚をにぎりしめること数十秒。。

デスクの下から這い出して窓からみえる六本木ヒルズ、その向こうから煙が…。
お台場のほうの火事だった。セキュリティ部門のスタッフがまわってきて、自衛消防団のリーダーが悉く不在だということで単なる避難誘導係の一メンバーの私に緊急連絡用のトランシーバーが渡された。
でかいし重い。もう完全に非日常だな、という感じ。トランシーバーからはそれぞれのオフィスの安否確認やら調整ごとなどが聞こえてくる。
家族との連絡をとりつつ顧客の状況の確認(ITの会社なので顧客システムの確認など。。)。

当日は母が休みで家にいるということでいぬも家も無事ということが確認できた。家の中大変だけどね、、という母のコメントが気になったけど無事ということで安心。
風呂に水をためてご飯をたくようにお願いして、妹1へ電話。
妹1とはすぐに電話が通じて話ができて安心。
妹2だけが連絡とれないけれども回線がこんな状況だし、あの子は今頃新丸ビルで勤務中のはずだから絶対大丈夫のはず、といいきかせる。
Twitterとmixiボイス中心に情報収集に勤しんでいる頃に、電車が止まり復旧の見込みがなさそう、ということで会社からは帰宅できる人への帰宅許可が発令。

私の家の場合、通勤で歩く距離ではないけれども、歩くには現実的な距離であったため決断は容易でした。
道に若干不安があったので、新宿までいくという同僚に同行させてもらうことにして出発。
エレベーターが止まっているため階段で1階まで。道のりはおまかせして同僚4人まで歩く歩く。
歩いてたらあったかくなるよねー、と言いながら歩きはじめましたが、全然暖かくならない!寒いよ今日!
こんなに歩道に人がいるのを見るのは初めて、こんなにコンビニに人があふれているのも、満杯のバスも、全然動かない車も、見るものすべてが初めての経験でした。そして二度といやだ。

新宿で同僚たちと別れそれぞれの帰路に。
昔勤めていたパークハイアットも横目に過ぎて、地元の商店街に。
とにかく寒いのとヒールで足が痛いのが参ったころに、八百屋のおじさんが「おかえり!大変だったね!!」と野菜を片づけながら満面の笑顔。。

おじさん~…!惚れてしまうわ!!
というわけでいちご2パックという荷物を増やして帰宅しました。

うちは相当揺れたようでかなりものが散らばっていました。
耐震だから揺れた、ということではなく単にマンション自体が古いんだよね。。
外壁もはがれてたし、今後について悩みます。

特に物置部屋が酷いことに。
room1.jpg
まあ元の部屋はどうだったんだ、という話でもあるんですが、さすがにこんな段ボール斜めには置かないですよ。

家の電話にかけてきた妹2の無事もわかり、近しい人たちの安否確認がなんとかできて、部屋は散らかったままだけどそのなかであたたかいごはんたべたら、落ち着いた。
大した被害はないのも最初から情報や頭で理解できていたこともあって自分は落ち着いていると思ったけど、やぱ軽い興奮状態だったみたい。
懐中電灯と靴下を枕元に腕時計と携帯を手元にずっと続く余震に怯えながら、そして余震に起こされながら就寝。

翌日からやっぱきた筋肉痛。なぜか太ももが筋肉痛だった。
そしてヒールのせいで爪が指に食い込んで痛かった。足の裏に一番負荷がかかったであろう指の付け根がとにかく痛かった。ヒール…。

でもこんなもので済んでほんとよかったです。


それから続くとんでもない状況。
とにかくはじまってしまった日について私が忘れないように書いておこうと思いました。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ahyalog.blog25.fc2.com/tb.php/116-48aa0ff4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。