FC2ブログ

はじめに

こんにちは。2年以上ずっと放置しておりましたがこっそり再開してみました。

いまだ旅行記を中心に思い出したように引っ越し中です。唐突に引っ越します。引っ越ししてきた日記は最新日記で表示します。

たまにかわったりしているとおもうのでたまに見にきてください。

日記の日付は適当です。

旅行記はこちらから → 旅路のもくじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンマ・ミーア!

manma事前情報は特に何もいれず(わざとではなく単に知らなかった)、汐留の電通四季劇場[海]でマンマ・ミーア!

結婚式を控えたソフィが父親探し、、、というあらすじぐらいは知っていた。
しかし娘ソフィが主役と思いきや主役はABBAの曲…、でもなくその母親ドナだったのでした。
ドナ(保坂知寿)がソフィ(吉沢梨絵)の結婚式の身支度を整えてあげるシーンにはほろりときた。
(あるかどうか知りませんが)いつかそういうシーンが現実にきたら、私はきっとこんなに冷静でいられないんだろうなあ、と思った。母も。こんな娘でごめんよ、母よ。
…なーんて観ながら少しそんなことを考えてしまったよ。まったくもう。

ドナの仲間のひとり、ターニャ(前田美波里)がステキだった。
自分がママの年でもおかしくないほど年下のソフィの友人?ペッパーに迫られるシーンで、
遊んであげてもいいけれど後が心配、ママが知ったらどうするかしら?(曲は「Does Your Mother Know」)
といい(歌い)ながら若いペッパーを翻弄するところ。ほんとぐっ!ときた。ああなりたい。

あとめがねのインテリ、ハリーパパ(八巻大)もよかった。

聴きドコロ、全編に織り交ぜられたABBAの曲もものすごく合っていた。ABBAはもちろんリアルタイムの世代ではないし、有名曲以外全部知っているわけではないけれど、反対に新鮮な気分で楽しめた。

オススメです。劇団四季の作品、全部制覇したくなりました。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ahyalog.blog25.fc2.com/tb.php/24-2bc00b10

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。