FC2ブログ

はじめに

こんにちは。2年以上ずっと放置しておりましたがこっそり再開してみました。

いまだ旅行記を中心に思い出したように引っ越し中です。唐突に引っ越します。引っ越ししてきた日記は最新日記で表示します。

たまにかわったりしているとおもうのでたまに見にきてください。

日記の日付は適当です。

旅行記はこちらから → 旅路のもくじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VictoriaFalls/Zimbabwe -初夜

飛行機3つ乗り継いでやっとジンバブエのビクトリアフォールズに到着。
まずはとにかく宿の予約、ということで空港内のi(=インフォメーション)に。ネットの旅の掲示板で目をつけていたShoeStringsというバックパッカーズ(バックパッカー向けの安宿をバックパッカーズといいます。アフリカだけ?)に電話をしてもらうがなんどかけても不通。iのおっちゃんの作戦か?とも思ったがどうも本当につながらない。いきなり困った。
「ちょっととりあえずタクシーで行ってみるわ」と言ってみるが、潰れたのかもしれないし、行って宿がないと困るでしょ、ともっともなことを言われ、それは断念。他の宿を紹介してもらうことに。ちょっと高めのところも言われるが、結局当初の予算程度のところに予約を入れてもらう。『地球の歩き方』にものっているRestCamp。一泊$7。ま、いっか。
エアポートタクシーもついでに頼み、とうとうビクトリアフォールズ上陸!
しかし色々見せてもらった宿の宿泊費($5→$7)もエアポートタクシー代($20$→25)も聞いていたよりも高い?最近の情報を仕入れてきたのに…。と若干不信感をもっていたのですが、すぐにこの国のインフレの力を知ることになるのでした。
着いてRestCampの広さにびっくり。広いといっても敷地のこと。
大きい土地に体育館みたいな小屋がドカンドカンと大量にありました。私もその中のベッドが六つならんでいるだけの体育館の一つに収容。
ザンベジ川クルージング外に出て警備のお姉さんとおしゃべりしていると日本人のバックパッカーが到着。大学生のヨシも一人旅でヨハネスブルグからVFに到着したばかり、とのこと。人懐っこい性格のとてもすてきな男の子で一緒に情報収集に出かけることに。それぞれの情報収集を一気に済ませ、その折にザンベジ川のサンセットクルーズにギリギリ間に合いそうだ、ということですかさず申し込み。
クルージングはスナックもついてるし、飲み物も充分に飲めたし景色もとてもキレイでこの旅最初のアクティビティとして申し分なかったです。ワニもカバもいた。
満天の星空の中の南十字星を教えてもらいながらジンバブエビーフを食べに夕飯に出かけ、満腹で宿に戻ると小屋の中は人で一杯。なんだなんだ。
自己紹介をして話をしていると、どうも行商の人々っぽいことがわかった。いい人たちだったけど、一緒にいる赤ちゃんの夜泣きが酷く、眠れないのが悩ましいので明日は宿を変えよう、、、とおもいながら眠りにつきました。

夜は砂漠で使うだろうなー、とおもって持ってきた寝袋をいきなり使いました。寒い…。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://ahyalog.blog25.fc2.com/tb.php/68-434eec25

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。